ゴルフの「スルーザグリーン」とは?

「スルーザグリーン」というゴルフ用語をご存知でしょうか?

初心者ゴルファーにとって、ゴルフに関する用語はたくさんありすぎて覚えるのはとても大変でしょう。

しかし、「スルーザグリーン」はラウンドする上で覚えておきたい用語のひとつです。

「スルーザグリーン」にまつわるルールを知らずにプレーしていると、ペナルティを受けてしまう可能性も…。

そうならない為にも、今回ご紹介する「スルーザグリーン」の基本的な知識を習得して、ラウンドしましょう!

1 スルーザグリーンとは?

through-the-green-01

スルーザグリーンとは、「ティーイングエリア、グリーン、ハザード以外の全てのエリア」を指します。

つまりフェアウェイとラフ、そしてグリーンエッジのこと。

ちなみにティーイングエリアとは、ホールのスタート地点で1打目を打つエリアです。

グリーンは最終地点でカップがある場所、そしてハザードとはコース内における障害区域を指します。

障害区域とは、主にバンカーや池などのウォーターハザードのこと。

ちなみにOBエリアはそもそもプレー区域外になるため、スルーザグリーンには該当しません。

このように、いわゆるコースのメインに当たるエリアをスルーザグリーンと呼ぶわけですが、実はこの名称は2019年のルール改定に伴い、使用が廃止されることとなりました。

そして、スルーザグリーンの代わりとして新たに誕生したのが「ジェネラルエリア」と呼ばれる名称。

意味合いはスルーザグリーンとほとんど同じで、「ティーイングエリア、グリーン、ハザード以外の全てのエリア」を指しています。

2 スルーザグリーン6インチプレースとは?

through-the-green-02

スルーザグリーンは、「ジェネラルエリア」という名称に変更されましたが、ルールとして使用されている場合があります。

それは「スルーザグリーン6インチプレース」。

これは「スルーザグリーン」といったら必ずと言って良いほど出てくるもので、ラウンドにおいて知っておきたいルールのひとつです。

今回はこの「スルーザグリーン6インチプレース」に関してわかりやすくご説明していきます。

2-1 基本的にはローカルルールのひとつ

スルーザグリーン6インチプレースは、いわゆるローカルルールのひとつ。

ローカルルールとは、公式大会では適用されずそれぞれのゴルフ場やコンペなどが独自に定めているルールのことです。

このルールは、不利な場所にボールを打ち込んでしまった際に、そのボールがある場所から6インチ(15.24cm)の範囲内であればボールを動かして置き直してよい、というもの。

「不利な場所」と呼ばれるとなかなかピンと来ない方も多いかと思いますが、例えば下記のような場合を意味します。

  • 木の根元にボールが転がり、打つのが困難な場合
  • 自分以外のプレーヤーによって作られたディボット跡などにボールがハマってしまって打つのが困難な場合

上記のような場面で明らかに打つのが困難である場合は、「スルーザグリーン6インチプレース」を宣言し、拾ったボールは6インチ以内の場所にボールを置いてプレーをスタートさせます。

前にもご説明したように、これはあくまでローカルルールであるため公式戦では適用されませんし、ゴルフ場やコンペによっては適用されない場合もありますので事前に確認が必要です。

2-2 ルールを適用させるために注意したいポイント

2-2-1 6インチは絶対に守ること

スルーザグリーン6インチプレースを適用させたいときにまず注意したいのが、ボールを置き直す場所。

このルールの名前の通り、ボールを置き直す場所は元のボールの位置から6インチ(15.24cm)以内と決められています。

6インチ以内を常に意識してボールを置き直しましょう。

でも、プレー中にどうやって6インチなんて測るの?と思う方も多いでしょう。

そんな場合に活用したいのが、スコアカード。

ほとんどのスコアカードは、縦の長さがおおよそ6インチで作られています。

ボールを置き直す位置に困ったら是非とも活用してみてくださいね。

また6インチ以内といっても、ボールを置き直す位置は元のボールの位置よりもカップの位置に近い場所に置き直してはいけないので要注意です。

6インチ以上動かすこと、そしてホールに近づくようにボールを移動してしまうと、2打罰のペナルティが課されてしまいます。

十分注意してボールを移動させるようにしましょう。

2-2-2 ボールを拭いても良いか確認すること

6インチの距離を守ると同時に気をつけたいのが、ボールを移動する際にボールを綺麗に拭く行為。

ボールに泥が付いていたり、汚れがついているからといって、無意識にボールを拭いてしまいがちですが、これもしっかりとプレー前に「スルーザグリーン6インチプレースの際にボールを拭いて良いか」をしっかりと確認しましょう。

ほとんどのゴルフ場やコンペではスルーザグリーン6インチの際にボールを拭く行為が認められていますが、一応念のため事前に確認しておくと安心ですね。

2-2-3 このルールに甘えすぎは要注意!

最後に、このルールはあくまでローカルルールですし、よっぽど打つことができないような場合で適用されるルールです。

基本的にゴルフは自然な状態かつ、あるがままの状態の中でどう打つかを楽しむスポーツです。

そのため中にはこのルールを良く思わないゴルファーもいるのが現実。

「あるがまま」を楽しむゴルフは、このルールを使わないに越したことはありません。

なるべくこのルールに頼らず自分で考えて、攻略しながらゴルフを楽しむようにした方がいいかもしれません。

まとめ

今回はスルーザグリーンの基本知識と、それに伴うローカルルールをご紹介しました。

特にゴルフ初心者の方は、スルーザグリーン6インチプレースを適用する機会があるかと思います。

そのルールを使用する場合は、必ず今回ご紹介した注意ポイントを意識するようにしましょう!

ただし、まずはどうにかそのルールを使わずにうまく切り抜ける方法を考えること。

それが必ずゴルフ上達に繋がることでしょう。

関連記事