ゴルフ初心者がハマりやすいシャンクの原因と改善法

ゴルファーが陥りやすいミスショットのひとつである、シャンク。

シャンクはどういった原因でおこってしまうのかご存知ですか?

シャンクの仕組みや原因を知る事は、改善する上でとても大事なステップです。

今回はそんなシャンクの原因をわかりやすく解説し、誰でもできる練習方法もご紹介していきます。

1 シャンクとは?

shank-01

1-1 右方向に飛び出すミスショット

そもそもシャンクとは、ミスショットのひとつでインパクト時にクラブヘッドの根っこ部分(ネック)に当たってしまうこと。

ボールがクラブの根っこに当たってしまうとボールの左端を打つことになるので、打ったボールは大きく右方向に飛び出すような打球になってしまいます。

シャンクはラウンド中に一度発生してしまうと、ずっと続いてしまう事が多いためなかなかのくせ者。

シャンク病という言葉があるほど、シャンクに悩むゴルファーが多いものなのです。

1-2 特にアイアンに多い

シャンクは、クラブの構造上ウッドでは発生することはありません。距離感や方向性などの確実性が求められるアイアンショットで起こりやすいんです。

そのためグリーン周りのショットなどでシャンクが起こるとゴルファーにとってはショックが大きく、そのあとのスコアがボロボロなんて事も。

そうならないためにも、しっかりとシャンクの原因と対策を行う事がとても重要なのです。

2 シャンクの主な2つの原因とは

2-1 正しいアドレスができていない

シャンクがおこってしまう原因のひとつとしてあげられるのが、正しいアドレスができていないということ。

アドレスはゴルフスイングの基本であり、これによって正しくクラブがスイングできるかが変わってきます。

基本的にアドレス時の姿勢は「前傾姿勢」が理想的。

しかし、これがかかと重心になってしまうとスイング時に体が前のめりになってしまいます。

そうするとアドレス時のクラブの位置よりもインパクト時のクラブの位置がボールよりも遠めにでてしまい、結果としてクラブネック部分でボールを捉えてしまってシャンクとなってしまうのです。

スイング軌道でいうと、アウトサイド・インのスイング軌道。

理想は、ボールとターゲットを結んだターゲットラインに対して、内側からクラブヘッドが下りてきてインパクトを迎えた後も内側に抜けていくインサイド・イン軌道。

しかしアウトサイド・イン軌道の場合、外側からクラブが下りてきてインパクトを迎えた後に内側へクラブヘッドが抜けていってしまいます。

アウトサイド・インのスイングになってしまうとクラブネック部分でボールを打ちやすくなってしまい、シャンクを招いてしまうのです。

また、初心者に多いのがアドレスの時点でグリップしている手の位置が体の位置に近すぎてしまう点。

構えた時点で手の位置が体に近いと、れも同じくインパクト時に手元が前にきてしまい、シャンクになりやすくなります。

2-2 体が開いている

もう1つの原因としてあげられるのが、体が開いた状態でインパクトを迎えてしまっているということ。

「体が開いてしまっている状態」とは、ダウンスイングで右肩そして右膝が前に突っ込んでしまっている状態。

そうするとスイング起動がインサイド・アウト軌道になり、インパクト時にフェースが開いてシャンクを引き起こしてしまうのです。

先ほどアウトサイド・イン軌道でもシャンクになりやすいとご説明しましたが、逆にインサイド・アウトのスイング軌道でもシャンクになりやすいのです。

どちらにせよスイング軌道が極端になってしまうとシャンクしやすくなります。

3 シャンクの改善方法

shank-02

3-1 前傾姿勢をキープしよう

では、どのようにしてシャンクを改善すべきなのでしょうか?

まず最初に見直したいのがアドレスです。

アドレスはゴルフスイングの基本で、正しいアドレスができているかでスイング軌道が正しく行われるかが決まります。

「姿勢」、「スタンス」、「グリップと体の距離」の下記の3つのポイントをしっかりと意識して正しい状態からスイングを始められるようになりましょう。

  1. 常に前傾姿勢をキープ(曲げた時の背筋とシャフトラインがちょうど90度になるのが理想的)
  2. スタンス幅は長いクラブほど広めにとる
  3. グリップ位置は変えない(アイアンの場合、体とグリップの距離は握りこぶし1.5個くらい)

特に意識したいのがアドレス時の前傾姿勢。

この時に前傾姿勢ができていないと、スイング軌道が崩れてシャンクを引き起こしやすくしてしまいます。

しかし前傾しすぎないよう、かつかかとによりすぎないような姿勢をキープしましょう。

かるく曲げた膝の角度は変えずに股関節から前傾する状態をキープしてスイングに入るよう意識しましょう。

3-2 ボールを2つ使った練習法

もうひとつおすすめは、打ちっ放し練習などでできるシャンクドリル。

通常通りボールを置いて構えますが、そのボールのすぐ目の前(向こう側)にもう一個ボールを置いてみましょう。

打つボールはいつも遠り手前のボールです。2つのボールの間隔は、手前のボールがネックに当たったらちょうどもう1つ置いたボールにも当たるくらいの間隔。

ボールをすぐ近くに置くだけですが、「もう1つのボールに当ててはいけない」というプレッシャーを自分に与える事で体が開く事を抑えてくれます。

そして、よりインサイド・インのスイング軌道に近づける事ができるのです。

これはボールでなくても構いません。もっと自分にプレッシャーを与えるという意味でスマートフォンを置くのもありかも…?!

3-3 ラウンド中にシャンクが止まらなくなった場合

シャンクはなかなかのくせ者で、ラウンド中にシャンクし始めると抜け出せなくなる事がよくあります。

そのような状態に陥った場合は、応急処置としてクラブヘッドのトゥ部分で打つ意識でスイングしてみてください。

シャンクはボールがクラブの根っこ部分に当たって起きています。

それを極端にトゥ(先部分)で打つ事を意識することで、同じスイングでもネックに当たる確率は下がるかもしれません。

ただしこれはあくまで応急処置。どうしてもシャンクがおさまらない!というときの最終手段としてやることをおすすめします。

まずは素振りで前傾姿勢やアドレス、スイング軌道を冷静に確認するようにしましょう。

まとめ

シャンクはゴルフ初心者だけでなく、ゴルフに慣れ親しんだ方も一度ハマったらなかなか抜け出せなくなるミスショット。

まずは日頃からスイングの基本であるアドレスとスイング軌道をしっかりと確認しながら練習することがとても重要です。

常に正しいアドレスを意識してスイングすることで、もしラウンド中にシャンクになってしまっても冷静にいつも通りの正しいスイングに戻すことができるでしょう。

すでにシャンク癖がある方は、ぜひ今回ご紹介した練習ドリルを参考に克服を目指しましょう!

関連記事