ゴルフクラブの「シャフトの硬さ」とフレックス

ゴルフクラブ選びは、より良いスコアを目指すためにはとても慎重に決めるべきことです。

しかしゴルフ初心者にとってはゴルフクラブもたくさんの素材や種類があって、それぞれの特徴や自分がどのクラブにあっているかなどわからない方がほとんどではないでしょうか?

今回は、そんなゴルフクラブを選ぶ際に必ずといって重要なポイントであるシャフトの種類と硬さについてご紹介していきます。

自分に適したシャフトを見つけましょう。

1 そもそもシャフトとは?

shaft-flex-01

1-1 「純正」と「カスタム」

そもそもクラブシャフトとは、クラブの棒の部分のこと。

一般的に各メーカーから販売されているクラブのシャフトには大きく「純正シャフト」と「カスタムシャフト」の2種類が用意されています。

純正シャフトとは、もともと一緒に販売されていたり同じモデルにつけるために用意されたもの。

これは一番オーソドックスで幅広いゴルファーが使いやすいように作られてるのが特徴です。

初心者ゴルファーは、この純正シャフトでクラブを購入される方がほとんどと言われています。

一方カスタムシャフトは、個人のレベルやスイングの癖、ヘッドスピードなどに適したものを選べるシャフト。

カスタムシャフトにはたくさんの種類があり、ゴルフに慣れスキルが上がってくるとこのカスタムシャフトで自分にあったシャフト選びをするゴルファーが増えてきます。

1-2 シャフトが与える影響とは

シャフトの数は、メーカーが研究と開発を重ね今では数百種類以上あると言われています。

そんな数あるシャフトの中で、自分にあったシャフトを探すのは大変で少し面倒臭いようなイメージがあるかと思います。

しかし自分にあったシャフトを選ぶことは飛距離や打球、ボールの飛び方にも大きく影響を及ぼすため、蔑ろにはできないのです。

例えば自分に合っていないシャフトのドライバーでショットすると、タイミングが取りづらくなったり、それによって飛距離が伸びなかったり、大きく曲がってしまうなどのミスショットが出てしまうこともあります。

2 2つのシャフトの素材

shaft-flex-02

2-1 スチールシャフト

まず、スチールシャフトはその名の通り「スチール」素材でできているシャフトです。

スチールシャフトの特徴は、カーボンシャフトよりも比較的重量があり、その重さによって自然と体全体を使ったスイングができるところ。

さらにスチールシャフトは比較的抑えた球を打ちやすく、打感が伝わりやすいという点もあります。

ヘッドスピードが早めのゴルファーや、ゴルフ初心者はまずスチールシャフトから始めるのがおすすめです。

2-2 カーボンシャフト

カーボンシャフトは「カーボン」素材が使われています。

カーボンシャフトはスチールシャフトよりも比較的軽量に作られているものが多いです。

特徴としては、軽量であることから打ったボールが上がりやすい点。

ちなみに飛距離が必要なドライバーなどのシャフトのほとんどがこのカーボンシャフトが使われてるため、カーボンを使うかの迷いどころはウッドやアイアンを選ぶ際です。

カーボンシャフトが向いているのはヘッドスピードが平均以下(38m/s以下)のゴルファーか、既にスイングが安定していてよりボールを高くあげて飛距離を出したいという上級者ゴルファーにおすすめ。

またカーボンシャフトはしなりやすいため、ヘッドスピードが早めのゴルファーが使用すると必要以上にシャフトがしなってしまい、方向性が安定しない場合があるので注意が必要です。

3 シャフトの硬さの選び方

シャフトの素材が理解できたら、次はシャフトの「硬さ」についてです。

シャフトの硬さを表す基準は2つあります。「フレックス」と「振動数」です。

3-1 フレックス

ゴルファーが主にシャフト選びの基準として採用するのが「フレックス」という基準。

フレックスは5つのアルファベットに別れていて、各クラブメーカーがシャフトやカタログにそのアルファベットを記載しています。

しかしこのフレックスは同じアルファベットであっても、メーカーによってその基準や硬さ、打感が実際変わってきてしまうので注意が必要です。

下記の表のように、フレックスは主にヘッドスピードによって振り分けられます。

ヘッドスピードが速ければその分硬いシャフトで打つことが可能です。

フレックス 【L】

レディース

【A】

アベレージ

【R】

レギュラー

【S】

スティフ

【X】

エキストラ

硬さ 柔らかい やや柔らかい 中間・標準 やや硬い 硬い
ヘッドスピード 〜34m/s 32〜37m/s 38〜40m/s 42〜50m/s 47m/s〜

一般的なパワーのある男性ゴルファーはR(レギュラー)から始めることが多いです。

ヘッドスピードがでてきてパワーヒッターになれば、S(スティフ)やX(エキストラ)を選ぶことも出でくるでしょう。

そして女性ゴルファーやシニアゴルファーはL(レディース)、A(アベレージ)を使用するのが一般的ですが、ヘッドスピードのあるゴルファーはR(レギュラー)を使用する方もいらっしゃいます。

しかし先ほども言ったように、モデルによって硬さは若干変わりますので実際に試打をして確認することが重要です。

3-2 振動数

もうひとつの硬さの基準として、「振動数」というものがあります。

振動数は、専用の機械で1分間にクラブが何回振動するかを測定することででる数値のこと。

この数値が大きいほどシャフトが硬く、小さいほどシャフトは柔らかいということになります。

振動数はフレックスと比べて、モデルやメーカー関係なく正確性のあるシャフトの硬さを知ることができるというメリットがあります。

しかし一方で、振動数はモデルによっては表記されていないものがとても多いため、専用機を持っているゴルフショップなどで測ってもらわなければならないというデメリットもあります。

そのため気軽に選ぶことのできるフレックスの方が一般的なのです。

4 シャフトのお手入れってどうするの?

せっかく自分にあったゴルフシャフトを手に入れたら、できるだけ長く綺麗に保ちたいものですよね。

ゴルフシャフトも全くお手入れをしないと、寿命を縮めてしまう可能性もあります。

特にスチールシャフトはしっかりとお手入れをしないと錆びてしますこともあるため、ラウンド後は下記を参考にこまめにお手入れしてあげましょう。

  1. サビ防止スプレーを吹きかけて、乾いたタオルで拭きましょう。
  2. 落ちない汚れやサビがある場合はキッチン用のスポンジなどで軽く擦り、落としましょう。
  3. 日陰でしっかりと乾燥させます。

これはスチールシャフトだけでなくカーボンシャフトでも同様です。

とにかくしっかりと汚れを拭いて、乾燥させることがとても重要です。

まとめ

今回はゴルフクラブのシャフトの基本と「硬さ」についてご紹介しました。

シャフトにはたくさんの種類があって困惑しがちですが、まずは今回ご紹介したフレックスを参考に自分のヘッドスピードを当てはめてみることをおすすめします。

そして何よりも重要なのは、実際に打ってみること。

気になるモデルをいくつかのシャフトで試してみて、自分にあったクラブを手に入れましょう!

関連記事