ゴルフのラウンドレッスンとは?そのメリットについてご紹介

ゴルファーのみなさんは普段、ゴルフ練習であれば打ちっ放しに行って、ラウンドをしにゴルフ場へ行くパターンが多いかと思います。

ゴルフ初心者の方も、打ちっ放しでひたすら練習することが多いですよね。

では、いつもの練習とは一味違う「ラウンドレッスン」というものを経験したことありますが?

今回はより実践に近い練習ができる「ラウンドレッスン」について、わかりやすくご紹介します。

1 ラウンドレッスンとは

round-lesson-01

1-1 ゴルフコースを使った本格的なレッスン

ラウンドレッスンとは、プロ(コーチやインストラクター)からレッスンを受けながらラウンドできるレッスンのこと。

実際のコースでレッスンを受けることで、本番と同じ状況でプレーできたり自然を感じながら練習できたりと様々なメリットがあります。

レッスンは通常、3人の練習生にコーチが1人の4人組で行われることが多く、一般のゴルフ客と同じような条件でプレーすることが多いと言われています。

1-2 様々なレッスンの種類

ラウンドレッスンは、ただ単にレッスンを受けながら9ホールや18ホール回るものだけではありません。

様々な種類があり、自分の状況や何を集中的に学びたいかによって選ぶことができるのもラウンドレッスンの特徴であると言えます。

例えば、午前中は練習場で練習して、午後に3〜4ホールラウンドするもの。

ラウンドはあまりせずに、傾斜地やグリーン、バンカーを活用したより集中的なレッスンもあります。

さらにはコースに慣れたいゴルフ初心者向けのレッスンまで。

まだゴルフクラブを握ったことのないような超初心者には少しハードルが高いかもしれませんが、ある程度打ちっ放しに行ったことのある方であれば参加してみるのもいいですね。

このようにラウンドレッスンでは、どんなタイプを選んでも実際のラウンドと同じ状況で実践でき、様々なテクニックを身に付けることができるのです。

1-3 レッスンの主な費用

ラウンドレッスンの平均的な費用は、先ほどご紹介したようなレッスンによって様々。

もちろん、どんなプロにレッスンしてもらうかによっても費用が変わってくるケースが多いようです。

目安としては、ゴルフ場でのラウンド料に1人あたり20,000円〜をプラスするくらい。

最近では、ゴルフ場に所属しているプロによるラウンドレッスンであればラウンド料込みで20,000円以下で受けることができるものも。

各ゴルフ場やスクールのホームページをチェックすることをおすすめします。

2 ラウンドレッスンのメリット

2-1 より実践的な環境下での練習ができる

ラウンドレッスンの1番のメリットとしてあげられるのは、やはりより実践に近い状況でプレーできること。

打ちっ放しの練習場では、ひたすら同じところからショットすること、スイングすることしかできませんが、ラウンドレッスンであれば本番にちかい環境下でトレーニングが可能です。

実際のラウンドでは風向きを考慮したり、芝生の目を読んでどこに向かってどう打つかを考えなければなりませんよね。

さらに、「この状況であれば○番でこうやって打つ」などとより具体的に教えてくれることも。

ラウンドレッスンではそういったことも学ぶことができますし、「コースに慣れる」と言う意味でも大きなメリットをもたらせてくれます。

2-2 状況に応じたレッスンが受けられる

round-lesson-02

中級者向けのレッスンでは、様々な状況でのショットの打ち方や攻略法なども身に付けることができます。

例えば、アプローチショットやバンカーショット、パターの攻略法や傾斜地にボールがある際のショットなどなど。

ちょっとしたテクニックが必要なショットは、なかなか普段の練習で試すのは難しいですよね。

さらにそういった状況での一打はスコアにも影響するので、是非とも習得したいものです。

3-3 ルールやマナーを身につけることができる

特にゴルフ初心者にうれしいメリットは、ラウンドにおける基本的なルールやマナーを身に付けることができるという点。

ラウンドレッスンをすると自然に、クラブハウスやラウンド中の服装やグリーン場でのマナーやルールなど、結構曖昧になりがちなことも細かく学ぶことができます。

さらには、池ポチャやOBの際の処置方法やスコアカウントの仕方、プレーファストの意識を学ぶことも普段の練習ではなかなか習得できません。

単に調べて覚えるより、実践しながら覚える方が忘れずに活かすことができるのはラウンドレッスンならではと言えるでしょう。

3 一般的なラウンドレッスンの参加方法

3-1 レッスンスタジオへの入会

一般的なラウンドレッスンへの参加方法の一つとして、レッスンスタジオから申し込む方法があります。

まずは、お近くのレッスンスタジオ(ゴルフスクール)への入会が必要となります。

その際にはラウンドレッスンを開催しているかをしっかり確認するようにしましょう。

3-2 インターネットでの予約

最近主流になってきたのが、インターネットから予約する方法。

全国のラウンドレッスンを検索でき、その場で予約できるホームページもありますので、是非お近くのラウンドレッスンを検索してみてください。

様々なプランから選べたり、初級レベルから上級レベルまで幅広いレベルでのレッスンも見つけることができるでしょう。

またラウンドレッスン検索サイトだけでなく、それぞれのゴルフ場のホームページでも募集している場合もあります。

不明な点があれば直接ゴルフ場に問い合わせることも可能。

是非とも、行きつけのゴルフ場でラウンドレッスンを開催しているかチェックしてみてください。

3-3 1人で参加は可能?

ほとんどのラウンドレッスンは、3人の練習生に1人のコーチがついて一緒にラウンドするケース、もしくは4人の練習生に1人コーチがついて、4人のプレーに対してレッスンしてくれるケースが多いです。

ゴルフ仲間同士で参加することも可能ですが、もちろん1人からでも参加は可能ですし、多くのゴルファーが1人で参加しています。

細かいプランを選ぶほど、同等のレベルで同じような悩みを抱えているゴルファーが集まるので、不安に思うことはないかと思います。

むしろ同じ悩みを持つゴルフ好き同士、自然と会話も弾み、楽しくラウンドできるでしょう。

そこから仲のいいゴルフ仲間になる、なんてこともあるかもしれません。

4 一般的なラウンドレッスンの流れ

ラウンドレッスンには様々なプランがあるとご紹介してきました。

今回は、中でも一般的なプランの流れをご紹介します。

4-1 練習場にて練習

round-lesson-03

まずゴルフ場についたら、練習場でドライバーやアイアンなどのスイングチェックを行います。

基本的なグリップの握り方やスイング軌道などの基本的な動作をコーチにみてもらいましょう。

その後ゴルフ場によってはアプローチやバンカーなどの練習に移ります。

ここでは、スコアにもっとも影響する50ヤード以内のアプローチショットの精度を高めます。

初めて参加する方は力みがちになることもあるので、あくまで自然にいつも通りを心がけることが大切です。

4-2 質問の時間

練習が終わったら、レッスンの確認や次に行うラウンドレッスンに関する説明を聞いたり、打ち合わせを行います。

一般的には午前中は練習場にて練習、お昼を兼ねた質問の時間になることが多いようです。

練習でわからなかったこと、再確認したいこと、さらにラウンドに出る上で確認しておきたいことなどなんでも聞きましょう。

これが終了したらいよいよラウンドレッスンの開始です!

4-3 ラウンドにて実践練習開始

いよいよラウンドレッスンの開始です。前半のレッスンの成果を試しましょう。

ドキドキするかもしれませんが、これも練習と思って楽しむことも忘れずに。

アドバイスをもらったら、それをしっかりと理解してどんどんチャレンジすることが大事です。

傾斜地からのショットやラフからのショット、番手の確認など、状況に合わせた応用力を身につけましょう。

アドバイスをしっかり納得して、実践を重ねる。これを繰り返すことで必ずあなたのスキルは上達します。

まとめ

今回はラウンドレッスンのメリットや一連の流れについてご紹介しました。

ラウンドレッスンは通常の打ちっ放しやラウンドよりも少しだけ値段が張るものなので、なかなか参加しづらいなんて思う方もいるかもしれません。

しかし今回ご紹介したように、本番環境での実践、コースマネジメント、状況に合わせたショットの仕方、番手の選び方などラウンドレッスンならではの知識やスキルが期待できるものです。

少しでも興味を持った方は、是非とも自分にあったプランを見つけて、気軽に参加してみてください!

関連記事