ゴルフ初心者必見!新ペリア方式などスコアに関する知識

ゴルフ初心者がまずラウンドする上で覚えておきたいのが、スコアに関する知識です。

特にゴルフコンペに参加する際には事前に頭に入れておくと良いでしょう。

今回はゴルフコンペに多く採用されるハンディキャップの計算方法である、「ペリア方式」や「新ペリア方式」などに関して基本知識からわかりやすくご紹介していきます。

1 「スコア」の基本

knowledge-scores-01

1-1 ネットとグロス

そもそもゴルフには、2つのスコアがあることをご存知ですか?

まず「グロス(スコア)」と呼ばれるもの。

グロスは、18ホールラウンド終了後の純粋な総打数のことをさします。

基本的にはこのグロスが自分にとってのスコア指標として用いられます。

そしてもうひとつが、「ネット(スコア)」というものです。

ネットは、18ホールラウンド終了後のグロス(総打数)からハンディキャップを引いた後のスコアのこと。

ゴルフでは、上級者でも初心者でもある程度平等に競い合うことができるように、ハンディキャップと呼ばれるものがあります。

このハンディキャップをグロスから差し引いたネットは、アマチュアの大会やコンペなどで用いられることが多いです。

1-2 ハンディキャップとは

ハンディキャップとは、いわゆる「隠しホール」のこと。

例えばゴルフコンペの際に、参加者全員にわからないよう事前に、18ホールのうちのいくつかにランダムでこの隠しホールが設定されています。

ゴルフの基本は、そのホールで総打数が少なければ少ないほど良いと言われていますよね。

しかし、隠しホールが設定されているホールでは、カップインするまでの打数が多いほどスコア算出時に優遇してもらえる仕組みなのです。

ハンディキャップは通称「ハンデ」と呼ばれ、「オフィシャルハンディキャップ」と「プライベートハンディキャップ」の2つに分かれています。

それぞれ詳しく見てみましょう。

1-2-1 オフィシャルハンディキャップ

まず、JGA(日本ゴルフ協会)の規定に沿って算出される公式のものがオフィシャルハンディキャップと呼ばれます。

オフィシャルハンディキャップは、基本的に競技としてゴルフをするゴルファーが取得するもの。

これを取得するにはまずJGA規定の組織や団体に所属していなければなりません。

所属した団体で最低でも2年間で10枚以上のスコアカードを提出し、査定を経てやっと「JGAハンディキャップ証明書」を取得することができます。

このように、競技としてプレーするゴルファーの多くが取得するこのハンデは、取得するのに多くの時間や手間がかかります。

しかし一方で規定がとても細かく定められているため、自分とほかのゴルファーとの実力を数値からしっかりと比較することができるといったメリットもあります。

1-2-2 プライベートハンディキャップ

公式の大会で使用されるオフィシャルハンディキャップとは別に、簡易的に使用されるのがプライベートハンディキャップ。

プライベートハンディキャップには、JGAの証明書などの取得は基本的に必要ありません。

コンペなどで採用されるのがこのプライベートハンディキャップで、初心者ゴルファーは原則としてこのハンデを使うことになります。

今回は、このプライベートハンディキャップを用いたスコアの算出方法をわかりやすくご紹介します。

2 ハンディキャップを用いたスコア算出方法

knowledge-scores-02

2-1 ペリア方式の特徴

コンペなどでその日限りのハンディキャップ(隠しホール)を設定するシステムを「ペリア方式」と言います。

ペリア方式では、18ホール中6ホールが隠しホールとしてランダムに設定されています。

2-1-1 ペリア方式の算出方法と具体例

ペリア方式でのスコアの算出方法は、下記の通り。

・ペリア方式=([隠し6ホールのスコア合計]×3ー[18ホールのパー] )×0.8

⦅具体例⦆

グロススコア(総打数):115

隠しホール6ホールの合計スコア:35

新ペリア方式でのハンディキャップ:([35×3]-72)×0.8=26.4

この場合、このプレーヤーのハンディキャップは26.4となります。

さらにこのハンディキャップをグロススコアの115から引くと、ネットスコアがでます。

ネットスコア:115-26.4=88.6

2-2 新ペリア方式の特徴

新ペリア方式は、ペリア方式よりも新しく最近はもっともメジャーなハンディキャップ算出法のひとつ。

ペリア方式では隠しホールは6ホールしかなかったものの、この新ペリア方式では隠しホールが12ホール分設定されています。

ペリア方式よりも隠しホールの数が倍になっていることがら、ダブルペリア方式と呼ばれることもあります。

18ホールの3分の2が隠しホールであるため、確実に隠しホールを叩くことができる一方で、逆に該当ホールが多すぎることから、実質実力通りのスコアが算出されてしまうという欠点もあります。

2-2-1 新ペリア方式の算出方法と具体例

新ペリア方式の隠しホールは12ホール。計算式もペリア方式より少し変わってきます。

・新ペリア方式=([隠し12ホールのスコア合計]×1.5ー[18ホールのパー] )×0.8

⦅具体例⦆

グロススコア(総打数):115

隠しホール12ホールの合計スコア:85

新ペリア方式でのハンディキャップ:([85×1.5]-72)×0.8=44.4

この場合、このプレーヤーのハンディキャップは44.4となります。

さらにこのハンディキャップをグロススコアの115から引くと、ネットスコアがでます。

ネットスコア:115-44.4=70.6

2-3 新新ペリア方式

もうひとつご紹介したいのが、新新ペリア方式というもの。

これはペリア方式と新ペリア方式のちょうど中間に当たる方式です。

隠しホールは9ホール。これを2倍したものからかパーを引き、0.8を乗じて算出することができます。

・新新ペリア方式=([隠し9ホールのスコア合計]×2ー[18ホールのパー] )×0.8

多くも少なくもない隠しホールの数で、ちょうど良くハンディキャップを算出できるのが、この新新ペリア方式のメリットと言えるでしょう。

2-3-1 新新ペリア方式の具体例

グロススコア(総打数):115

隠しホール9ホールの合計スコア:55

新ペリア方式でのハンディキャップ:([55×2]-72)×0.8=30.4

この場合、このプレーヤーのハンディキャップは30.4となります。

さらにこのハンディキャップをグロススコアの115から引くと、ネットスコアがでます。

ネットスコア:115-30.4=84.6

まとめ

ゴルフは上手い人が有利であり、コンペでも初心者が優勝する可能性はないと思われがちなスポーツです。

しかし、今回ご紹介したペリア方式や新ペリア方式などのハンディキャップなどがあることで、経験値に差があるプレーヤー同士でも公平にプレーできるスポーツなのです。

ただし、隠しホールがあるからといって安心して普通のホールでたくさん叩いてしまうと、スコアはどんどん上がるばかりなので要注意です。

グロススコアは常に自分のベスト更新を目指しながらも、隠しホールがどこにあるのか予想してラウンドを楽しみましょう!

関連記事