自由な時間にプレー!ゴルフが「一人予約」でも十分に楽しめる理由

ゴルフと言えば、複数人誘ってゴルフ場を予約しなくてはならないというイメージを持っていないでしょうか?

しかし、最近では人を集めなくても1人でプレーが可能な「一人予約」に注目が集まっていると言われています。

この一人予約ですが、知らない人とゴルフをするのは気が引けてしまったり、そもそもどうやって予約するのかわからなかったりと、始める時のハードルが高く感じてしまうもの…。

そこで今回は「一人予約」をした時でもゴルフが楽しめるように特徴や守るべきマナー、予約するときの注意点など詳しくご紹介していきます。

1 なぜ一人予約がおすすめ?

1-1 自由な時間の使い方ができる

ゴルフ場に行く時、大抵の人は一人ではなく仲間を誘って数人でプレーしますよね。ただ人数が多ければ多いほどスケジュールを合わせるのが難しくなってしまうもの。

しかし、一人予約であれば平日・土日祝日でも時間帯を問わず行きたいときに予約することができます。

ただし、ゴルフ場側の都合で一人予約が受入れできない日もあるので、行く前には一度確認したほうがよいかもしれませんね。

1-2 ゴルフ仲間が増える

一人予約は当然、初対面の方とプレーすることになります。そのため、始めは少し気まずさを感じてしまうかもしれません。

しかしゴルフをしているうちに打ち解けることができれば、次回も一緒にプレーをする約束をしたり新たなゴルフ仲間ができる可能性があります。

一人予約でゴルフをすると、回数を重ねるごとにいつの間にかゴルフ仲間が増えていくところも魅力のひとつなんです。

1-3 ゴルフのレベルアップの場に最適

よく一人予約を利用する人は、ある程度ゴルフに慣れている人が多いと言われています。

予約サイトには簡単なプロフィールに平均スコアが書いてあるのが一般的。

自分と同じ、もしくはそれ以上の腕前のゴルファーとラウンドすることでゴルフの技術を磨くことができるかもしれません。

また一人予約は実際にゴルフ場でプレーする機会が増えるので、ゴルフが上手になる近道だと言われています。

2 一人予約で守るべきマナー

初対面の人とプレーする一人予約では相手を思いやる気持ちや声を掛け合ってプレーすることが大切と言われています。

例えば、ゴルフクラブを運んであげたり、ボール拭きを渡したり、ちょっとした気遣いで打ち解けることができるかもしれません。

一人予約でゴルフをするときは不安に感じてしまう部分もありますが、相手を思いやる行動を取ることでお互いに気持ちよくプレーすることができるんですね。

3 一人予約はどうやってすればいい?

3-1 予約をするときの注意点

ゴルフ場の一人予約は”電話”と”WEB”の2種類の方法があります。

WEBから一人予約をするときは、ゴルフ場を選択するタイミングに注意が必要。ほとんどのコースが前日の正午で予約を締め切ってしまうんだとか。

また自分が予約を入れたとしても、前日の正午時点でその予約枠がゴルフ場が定めるプレー人数に達していない場合、予約は不成立となりプレーすることができないんだとか。

成立の可否については前日に必ずゴルフ場から連絡がありますので、見落とさないようにしましょう。

3-2 予約の傾向やコツについて

WEBから一人予約をした場合、”予約した時間枠の1人目になることで特典が手に入る”というプランが多くあるんだとか。

例えばプレー料金が優待されたり無料になったりするプランもあるので、特典を活かしてお得にプレーすることが一人予約の魅力でもあります。

また多くのゴルフ場は3人以上いればプレーできるためか、一人予約をする時は3人目以降で予約を入れると成立する可能性が高くなる傾向があるんだとか。

“どうしてもその日にプレーしたい”という方は3人目以降の枠を狙ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

ゴルフ場でゴルフ仲間を増やす時代が一人予約によって可能になりつつあります。

“友達と休みが合わないからゴルフができない”、”自分がゴルフに行ける時間が限られている”といった日程や時間の制約は一人予約を活用することで解決することができます。

そして純粋にゴルフで知り合った関係というのは、共通の趣味から打ち解けることができることが多いと言われています。

ゴルフでの「出会い」を求め、ゴルフ場に行くことでこれまでと違った価値観が生まれるかもしれませんね。

18ホール4時間で
スマートにラウンド

一日を有効に使う、18ホール4時間でのラウンド。決して妥協しない県内屈指のコースメンテナンス。ワンウェイゴルフクラブなら、スループレーでもコンペ・競技をお楽しみいただきます。

オンライン予約をする

関連記事