これだけは押さえておきたい!ゴルフの基本的なマナー

ゴルフをこれから始める方や、初のラウンドを控えている方がまず確認しておきたいのがマナーに関する知識です。

ゴルフは紳士淑女のスポーツであり、様々なマナーが存在しています。

ゴルフ初心者の方は自分のプレーに集中したりマナーに気を使ったりと色々と大変ですが、一度覚えてしまえば大丈夫。

今回はこれだけは押さえておきたいゴルフのマナーについてご紹介します。

1 まずはこれ!ゴルフにおける服装マナー

golf-manner-01

ゴルフのマナーにおいて欠かせないのが服装に関するマナー。

いわゆる「ドレスコード」と言われる服装マナーはゴルフ場によって基準が異なります。

そのためゴルフ場ごとに確認が必要となりますが、基本的に今回ご紹介する項目を守っていれば大丈夫。

それでは、詳しく見ていきましょう。

1-1 クラブハウスでの服装

そもそもクラブハウスとは、プレーの受付をするフロントのこと。

朝クラブハウスに到着した際は、基本的にジャケットの着用を必要としているゴルフ場が多いんです。

中にはジャケット不要であったり、夏期間のみ着用不要といったルールを設けるゴルフ場もあります。

事前に確認することをお勧めしますが、ジャケットを用意しておくに越した事はありません。

基本的には下記を参考に準備しておくことをおすすめします。

  • ジャケット
  • 襟付きのシャツ、またはブラウス
  • デニム以外のパンツ
  • サンダル以外の靴(綺麗めな靴が理想)

1-2 ラウンド中の服装

クラブハウスでチェックインを済ませたら、更衣室でゴルフウェアに着替えます。

ラウンド中に守りたいドレスコードは下記の通り。

  • トップスは必ず襟付きを着用すること
  • デニムは基本的にNG
  • 男性は必ずベルトを着用すること(+シャツインが好ましい)
  • キャップ・サンバイザーの着用
  • ゴルフシューズの着用
  • ハーフパンツやスカートの場合、ハイソックスを用意しておくこと

ゴルフのラウンドにおいて、基本となるのが「襟付き」のシャツです。

ゴルフ場によって様々なドレスコードを設けていますが、この襟付きのトップスに関しては必ずと言っていいほど当てはまります。

さらにゴルフシューズに関しても同様です。グリーンを守るため、そして自分のパフォーマンス向上のためにもゴルフシューズを用意しておきましょう。

またハーフパンツやスカート着用の場合、ゴルフ場によってはハイソックスの着用が必要なことも。

そのためロングパンツ以外を着用する場合は、ハイソックスを準備しておくと安心です。

2 ラウンド前のマナー

golf-manner-02

2-1 遅くともスタートの1時間前には到着しよう

ゴルフは予約時に決められた時間にスタートします。

準備などの時間も逆算してスタートの1時間前にはゴルフ場に到着するようにしましょう。

もし自分の到着が遅れてしまうと、自分の組のスタートだけでなく後続の組にも迷惑をかけてしまいます。

車でゴルフ場へ向かう場合は渋滞などもしっかりと考慮し、余裕を持ってゴルフ場に到着しておくと安心です。

万が一遅れてしまう場合は、遅れるとわかった時点で同伴者やゴルフ場への連絡をしましょう。

事前に伝えておくとスタート時間をずらしてくれる場合があります。

2-2 必要なものはスタート前に揃えておくこと

ロッカールームで身支度を済ませたあとは、スタート前の練習を行うのが一般的です。

しかしいきなり練習に入るのではなく、まずはラウンドに必要なものがしっかりと揃っているか確認しましょう。

基本的にゴルフバッグに入れることができるクラブの本数は、パターを含めて14本までです。

15本以上のクラブがゴルフバッグに入っていると、使用しない場合であってもルール違反となってしまうため注意が必要。

クラブのチェックに加え、下記のアイテムがしっかりとラウンドポーチに入っているかも併せて確認しておきましょう。

  • ゴルフグローブ
  • ティー(ロングティー、ショートティー)
  • ボールマーカー
  • グリーンフォーク
  • 十分なボール

携帯電話は必要なければロッカールームに入れておきましょう。

一方でラウンドに持って行く場合は、携帯電話を必ずマナーモードに設定して下さい。

2-3 スタートの10分前にはティーイングエリアにいること

スタート前の練習が終了したら、スタート時間の最低10分前には開始ホールのティーイングエリアに集合しましょう。

ゴルフは基本的に4人1組でまわるスポーツです。1人でも遅刻してしまうと全体のスタート時間が遅れることに繋がります。

自分達だけでなく後続の組のスタートにも影響を与えてしまうので、常に余裕を持って時間を見ながら練習する事を心がけるようにしましょう。

3 ラウンド中のマナー

golf-manner-03

3-1 プレーファストを心がけよう

ゴルフのラウンドにおいて、一番気をつけなければならないのがスロープレーになってしまう事。

多くのゴルフ場で「プレーファストを心がけてください」などの注意書きがなされているほどです。

ゴルフのラウンドは基本的に「ハーフ2時間以内」におさめることが理想とされています。

スロープレーになってしまうと、自分の組だけでなく自分の後に続く組のプレーにも影響を与えてしまいます。

そのためラウンドする際には、小走りするなど常にプレーファストを意識しながらプレーするよう心がけましょう。

3-1-1 素振りは多くても2回まで!

ゴルフ初心者は特に、打つ前に自分のスイングをしっかりと確認したいとのではないでしょうか。

そのため自分で気づかずに何度も素振りをしているなんて事も。

スイングの確認はとても重要ですが、素振りが多すぎてもスロープレーに繋がってしまいます。

どんな状況でも素振りは、多くて2回までに抑えましょう。

ちなみにゴルフは上手な人ほど素振りの回数は少ないと言われています。

練習時から常に意識しておくと良いかもしれませんね。

3-1-2 ボールは常に3個以上持ち歩くこと

ゴルフ初心者の方は、ミスショットで林の中に入ったり、池ポチャしたり、OBしてしまったりと何かとボールを失くす場面が多いです。

ラウンドには最低でもボール1ダース(12個)用意しておくのをお勧めします。

あわせてラウンド中には、常にポケットに最低ボール2個を入れておくと安心。

プレー中にボールがなくなってしまい、その場ですぐ出せずに毎回カートに戻っているとスロープレーにも繋がります。

すぐにボールが用意できれば焦ることなく次のショットを打つことができるでしょう。

3-1-3 フェアウェイではクラブを複数本持ち歩くこと

常にボールを複数個持ち歩くこともそうですが、フェアウェイやラフなどにボールがある場合は常にクラブを2、3本持ち歩くのがマナーです。

ボールの場所に着いたら、思っていた以上に距離が短そうだったり風が強かったりということがよくあります。

クラブを1本しか持たずボールの場所に向かうと、番手が違った場合にまたカートに戻らなければいけません。

そうするとスロープレーに繋がるだけでなく体力も消耗してしまいます。

グリーン近くになったらパターを持って行くなど、状況にあわせてクラブを複数本持ち歩くようにしましょう。

3-2 他プレーヤーが打っている時に気をつけること

ゴルフは自分の順番の時だけでなく、他のプレーヤーがプレーしている最中にも気をつけるべきポイントがあります。

他人への配慮ができれば自ずと自分もプレーしやすい環境ができるでしょう。

3-2-1 打つ人の正面や真後ろに立たないこと

ゴルフ初心者が迷いがちなのが、自分以外のプレーヤーが打つ時の立ち位置。

特にティーショットでは全員がティーイングエリアにいるため、どこで待機していれば良いかわからない方も多いかと思います。

基本的にNGとされているのが打つ人の正面と真後ろ。

距離の近い正面や真後ろに立たれてしまうと、意外と打つ人は気になってしまうものです。

そうするとショットに集中できず、他のプレーヤーのスイングに影響を及ぼしてしまう事も。

コースの形状にもよりますが、基本的にはプレーヤーの「斜め後ろ」もしくは「十分に距離をとった正面側」に立ちましょう。

正面でも十分な距離が保たれていればOK。

人によっては気になるゴルファーもいるので、不安な場合は「斜め後ろ」に立っていれば安心です。

3-2-2 他の人が打っている時に音を出さないこと

立ち位置と同じく気をつけたいのが、ショット中に音を出す事。

いくら立ち位置が良くても他のプレーヤーとおしゃべりしていたり、動いて物音を立ててしまうとショットする人の集中を妨げる原因になります。

基本的には他のプレーヤーが打つ際は物音を立てず、喋らない事。

ショット後にいいショットだったら「ナイスショット!」と声をかけてあげましょう。

3-2-3 隣のホールに飛んだら必ず「フォアー!」

ゴルフコースはホールが隣り合わせになっていることが多くあります。

そのため打ったボールが大きく逸れて隣のホールに飛んで言ってしまう事もしばしば。

打った時点で隣のホール方面に飛んでいったり、他の組のプレーヤーがいるような場所に飛んでいった場合はすぐに大声で「フォアー!」と叫びましょう。

ゴルフボールは非常に硬く、当たってしまうと大怪我ではすまない可能性があります。

そんな事態を避けるためにも、自分が打った場合も他のプレーヤーが打った場合も「フォアー!」の掛け声は忘れずに。

3-3 グリーン上で気をつけたいマナー

グリーンでのプレーはスコアの良し悪しを左右する大事な要素。

そのためグリーン上でのマナーもしっかりと覚えておく事をおすすめします。

3-3-1 グリーン上にクラブを置かないこと

グリーン上には使わないクラブを置かないようにしましょう。

グリーンに凹凸ができると、その大小に関わらずプレーに影響を及ぼします。

グリーンにパター以外のクラブを持ってきている場合でも必ず近くのグリーン外に置くのがマナー。

カートに近いグリーンの外に置くと、ホールアウトした際にクラブを忘れる心配がないのでおすすめです。

3-3-2 グリーン上はなるべく歩くこと

グリーン上を走ったりすることでも凹凸ができやすくなります。

またグリーンのメンテナンスにはかなりの労力と時間がかかると言われているのでグリーン上はなるべく走らず、そして足を引きづらないように気をつけて歩くのがマナー。

スロープレーを意識しすぎるあまり走りたい気持ちもわかりますが、そこは早歩きでサクサクと歩きましょう。

3-3-3 ボールマークは修復しよう

グリーン外から打ったボールがグリーンに直接オンすると、ボールの重みと衝撃でグリーン上に凹みができます。

それをピッチマーク、ボールマークと言います。

自分がつくったボールマークだけでなく、他のプレーヤーがつけたものも気づいた段階で修復するよう心がけましょう。

ボールマークを修復するにはグリーンフォークと呼ばれるアイテムがおすすめ。

常にポケットにいれておくといつでも修復できるのでとてもスマートです。

3-3-4 他プレーヤーのパッティングラインを踏まない

グリーン上のボールとピンを結ぶラインを「パッティングライン」と言います。

他プレーヤーのパッティングラインを踏むのはマナー違反です。

パッティングラインの芝目や凹凸など、数センチでもずれてしまうとパッティングに大きく影響を及ぼす可能性があります。

移動する場合にはパッティングラインを跨ぐ、もしくは遠回りして他プレーヤーの後ろを通ることをおすすめします。

3-4 ゴルフ場を傷つける行為はマナー違反

グリーン上のボールマークもそうですが、基本的にはゴルフ場を傷つける行為はマナー違反です。

アイアンショットの際にできた穴やディポット跡は必ず砂で埋めるようにしましょう。

フェアウェイ保護のためにディポット跡を砂で埋めることを「目土」と言います。

ティーイングエリアに砂の山があることがほとんどですので、目土袋に砂をいれて準備しておくと良いでしょう。

さらにバンカーに入る時は縁が緩やかな場所から入る、バンカーからショットした場合はレイキでしっかりと足跡までならすことも忘れずに。

自分が快適にプレーできているのは他のプレーヤーが修復してくれているから。

自分だけでなく他のプレーヤーも快適にプレーできるよう、ゴルフ場やゴルフコースを常に綺麗に保つよう意識しながらラウンドしましょう。

4 クラブハウスでのマナー

golf-manner-04

4-1 クラブハウスに入るときはシューズの泥や汚れを落とそう

ゴルフ場だけでなく、ゴルファーはクラブハウスも綺麗に保つことがマナーです。

特に雨の日や雨が降った次の日などはゴルフシューズに泥や芝生がつきやすいため、気をつけ必要があります。

クラブハウスに入る際には、エアーガンやエアーダスターなどでしっかりと汚れを落として綺麗にしてから入るようにしましょう。

4-2 基本的に帽子は外すこと

ゴルフだけでなく、基本的に室内では帽子を取ることがマナーです。

ホールアウトしたあとはもちろん、ハーフ終了後にお昼休憩で戻ってきたあとも帽子を忘れずに取りましょう。

また帽子だけでなく、タオルを首からかけることもマナー違反。

夏などの暑い日のラウンドは特に注意が必要です。

まとめ

今回はゴルフ初心者が知っておきたいラウンドのマナーについてご紹介しました。

ゴルフは誰もが気持ちよくプレーできるように気を配り合うスポーツです。

最初は覚えることが多くて神経質になってしまいそうではありますが、ラウンドを重ねるごとに身についていくでしょう。

正しいマナーを覚えて楽しくプレーできれば立派なゴルファーです。

そうしたら次はゴルフのスキルアップを目指していきましょう!

関連記事