ゴルフにおけるハンディキャップの種類と計算方法

ゴルフにおける「ハンディキャップ」をご存知でしょうか?

ゴルフは子供から大人まで幅広い年代で楽しむことができるスポーツですが、一方でレベルがばらばらになってしまいゴルフが上手い人だけが有利になってしまうなんてことも。

そんなゴルフのコンペなどに使われるのが「ハンディキャップ」と呼ばれる制度。

今回は、ハンディキャップについてわかりやすくご紹介します。

1 ハンディキャップとは?

1-1 スポーツにおけるハンディキャップ

golf-handicap-01

そもそもハンディキャップとは、スポーツのゲームにおいて実力の異なるプレーヤーがいる際、強いプレーヤーに制限をかける、もしくは弱いプレーヤーにアドバンテージ(メリット)を与えること。

そうすることで多くのプレーヤーに勝利の可能性を与え、ゲームをより楽しめるようにすることができるんです。

正式名称は「ハンディキャップ」ですが、略して「ハンデ」と呼ぶことが多いのではないでしょうか。

1-2 ゴルフにおけるハンディキャップ

ゴルフにおけるハンディキャップは主にコンペなどて採用されます。

ゴルフにおけるハンディキャップは「隠しホール」と呼ばれることもあるんです。

隠しホールとは、予め18ホールにうちのいくつかにランダムで設定されたハンディキャップ算出用のホールのこと。

ちなみにこの隠しホールはプレーヤー全員にはわかりません。

隠しホールが設定された場所では、そのホールの打数が多ければ多いほどスコア算出時に優遇してもらえるハンディキャップ。

つまりは、規定打数を超えてしまうような初心者ゴルファーにも、ベテランゴルファーと対等にプレーできる可能性が十分ありえるんです。

また、このハンディキャップにはオフィシャルハンディキャップと、プライベートハンディキャップの2つの種類が存在します。

それぞれ詳しくみてみましょう。

2 オフィシャルハンディキャップ

2-1 オフィシャルハンディキャップとは

オフィシャルハンディキャップは、日本ゴルフ協会(JGA)の規定のもとで査定されたハンディキャップのこと。

唯一のオフィシャル(公式)なハンディキャップです。

正確なハンディキャップの数値が取得できるため、他のゴルファーとの公正な比較ができるというメリットがあります。

2-2 オフィシャルハンディキャップの取得方法

このオフィシャルハンディキャップを取得するには、いくつかの工程が必要となります。

まず規定の組織・団体への所属し、そしてオフィシャルハンディキャップが適応されるコースでラウンドしたスコアカードを最低でも2年間に10枚以上提出しなければなりません。

その提出されたスコアカードをもとにハンディキャップの査定が行われ、「JGAハンディキャップ証明書」が発行されます。

この証明書は公式戦などに参加する際の基準として利用できるものになりますので、競技としてゴルフをプレーする方にとっては必要なものであると言えるでしょう。

3 プライベートハンディキャップ

3-1 プライベートハンンディキャップとは

プライベートハンディキャップとは、オフィシャルハンディキャップを取得していないゴルファーや初心者ゴルファーなどがコンペに参加する際に使われる制度。

競技コンペなどに参加しないゴルファーは、このプライベートハンディキャップを使うことがほとんどですので覚えておくと良いでしょう。

プライベートハンディキャップには主に3つの算出方法があります。

  1. ペリア方式
  2. 新ペリア方式(ダブルペリア方式)
  3. 新々ペリア方式

それぞれ、隠しホールからハンデが算出されることは同じですが、隠しホール数と掛け率が異なります。

それぞれ詳しくみてみましょう。

3-2 それぞれの計算方法

3-2-1 ペリア方式

golf-handicap-02

ペリア方式の隠しホール数は6つ。OUT/INそれぞれ3つずつあります。

通常はPar3、Par4、Par5がひとつずつ含まれるのが一般的。合計が必ずPar24になるように隠しホールが設定されています。

ハンディキャップ算出方法は以下。

ペリア方式ハンディキャップ=(〔隠し6ホール合計スコア〕×3 −[72])×0.8

具体的に、仮にグロススコア(18ホールの合計打数)が120、隠しホールの合計スコアが35だった場合。

(〔35×3〕-72)×0.8=26.4

この26.4がハンディキャップの数値であり、これをグロススコアから引いたスコア93.6がネットスコア、つまりコンペでの対象スコアとなります。

3-2-2 新ペリア方式(ダブルペリア方式)

新リペア方式はもっとも一般的なハンディキャップ算出方法です。

ペリア方式だと運に左右されることがとても多かったため、その代わりに採用されたのがこの新ペリア方式。

新ペリア方式の隠しホールは全部で12ホールあります。OUT/INでそれぞれ6ホールずつです。

隠しホールの合計がPar48になるように設定されています。

ハンディキャップ算出方法は以下の通り。

新ペリア方式ハンディキャップ=(〔隠し12ホール合計スコア〕×1.5 −[72])×0.8

グロススコア120、隠しホール合計スコアが75の場合、下記のようになります。

(〔75×1.5〕-72)×0.8=32.4

このハンディキャップをグロススコアから引いた数がネットスコアで、87.6ということになります。

3-2-3 新々ペリア方式

新々ペリア方式とは、ペリア方式と新ペリア方式のちょうど中間に当たる算出方法です。

新ペリア方式だと、18ホール中12ホールが隠しホールであるため、ほとんど実力通りのスコアが算出されてしまう可能性があります。

それを解消するために、新々ペリア方式では隠しホールが3つほど少なくなっており、全部で9ホール。

隠しホールのParは36に設定されています。

新々ペリア方式ハンディキャップ=(〔隠し9ホール合計スコア〕×2 −[72])×0.8

グロススコア120、隠しホール合計スコアが60の場合、下記のようになります。

(〔60×2〕-72)×0.8=38.4

このハンディキャップをグロススコアから引いた数がネットスコアで、81.6ということになります。

まとめ

今回は、コンペで使われるハンディキャップについてご紹介しました。

一見ゴルフはベテランが有利なスポーツであるように見えますが、ハンディキャップがあることで、初心者ゴルファーでもベテランゴルファーと対等にプレーでき、有利になる可能性もあるのです。

つまりは、初心者ゴルファーでもコンペで上位に食い込むことが可能!

ただし隠しホール以外で叩き過ぎてしまうとスコア自体が上がるので、隠しホールはあまり意識し過ぎずしっかりと集中してプレーすることが重要です!

関連記事