もうすぐゴルフデビュー!ゴルフ初心者向けの服装とは?

いよいよラウンドデビューを控えている初心者ゴルファーのみなさん!

うまくスイングできるか、うまくボールを当てることができるかというプレー以外でも、「何を着て行くべきか」不安に思う方も多いのではないでしょうか。

ゴルフは他のスポーツと比べても守るべきマナーやルールが多いように感じてしまいますよね。

今回はそんなゴルフの服装(ファッション)について、基本的な知識からおすすめのコーディネートまで詳しくご紹介します!

1 ゴルフ場のドレスコードについて

1-1 なぜゴルフ場にはドレスコードがあるのか

golf-fashion-01

そもそもドレスコードとは、服装や身だしなみの規則のこと。

しかしこのドレスコード自体はゴルフのルール上には存在していなく、各ゴルフ場のルールとして定められています。

ではなぜ、ゴルフ場にはドレスコードがあるのか?それはゴルフの歴史と伝統に関することだと言われています。

昔ゴルフというスポーツは、貴族などの階級が高い人々のするスポーツで、社交場の脇にあるゴルフ場でラウンドしていたそう。

ゴルフが世界に広まった時に、ルールだけでなく服装などのマナーや伝統もセットで広まったのです。

いわば昔の貴族達の服装が伝統として受け継がれて、現在のドレスコードになっていると言われています。

昔の伝統なんか古い!なんて方もいらっしゃるかと思います。しかし、ゴルフならではのファッションを楽しむのもゴルフの醍醐味の一つなのです。

1-2 ドレスコードはゴルフ場によって異なる

ドレスコードはゴルフのルールには存在していなく、ゴルフ場のルールであるとご紹介しました。

つまりは、各ゴルフ場にそれぞれドレスコードが存在しているため、全てが同じドレスコードであるとは限りません。

基本的には「襟付きポロシャツ」はどのゴルフ場でも絶対であるルール。

しかし、クラブハウスではジャケット着用が義務付けられているゴルフ場がある一方、必要ないゴルフ場もあります。

さらにはハーフパンツを履く場合、男女関係なくハイソックス着用が義務付けられているゴルフ場があれば、特別普通のソックスでも大丈夫なゴルフ場も。

一般的には、昔からあるような名門ゴルフ場であるほどドレスコードは厳しい印象。逆に最近ではそれほどドレスコードが厳しくないゴルフ場もあります。

このようにゴルフ場によってそれぞれドレスコードが異なるので、事前に確認しておくことがとても重要となります。

2 ゴルフ初心者が守るべき服装のマナーとは?

では具体的にどういった服装でいけば問題ないのか?まだまだ不安である方も多いかと思います。

それぞれ詳しくみていきましょう。

2-1 行き帰りでの服装

golf-fashion-02

まず行きの服装。

行きはそのままラウンドや練習に行けるよう、ゴルフウェアを着用して行く方が多いのではないでしょうか。

もちろん事前にジャケットが必要であるか確認が必要。ジャケットが必須な場合はゴルフウェアにジャケットを着てクラブハウスに入場するようにしましょう。

最近のゴルフ場に多いのは、「夏の期間はジャケットは必要なく、冬期間のみ必須」というパターン。

ただしこれもゴルフ場によってルールはことなるので、不安な場合はジャケットを羽織って行くと良いでしょう。

ラウンド後は、ゴルフウェアから普段着に着替える方が多いかと思います。

あまり露出がなく、きれいめなファッションを意識するのがおすすめ。

男女ともにデニムや、スウェット、キャミソール(タンクトップ)一枚、サンダルは基本的にNGです。

シャツやカットソーにデニム以外のパンツスタイルであれば安心ですね。

女性でスカートである場合はストッキングを着用するのがベターです。

2-2 ラウンド中の服装

ラウンド中の服装は、基本的には男女ともに下記であればどのゴルフ場でもルール違反になることはないと言えるでしょう。

襟付きのポロシャツ+チノパン(綿生地パンツ)+キャップorサンバイザー

最近ではポリエステル製のストレッチや吸汗速乾などの多機能なゴルフウェアが多く販売されています。

ゴルフは全身を動かすスポーツですので、そういった機能性のあるゴルフウェアを選ぶことをおすすめします。

女性であればスカートやキュロット、ハーフパンツなど選択肢がもっと広がり、ラウンドしながらもファッションを楽しむことができるでしょう。

しかし、タイツやレギンス、ハイソックスの着用が義務付けられている場合もあるので、事前に確認しておくと安心です。

レギンスなどは、常にバッグに入れておくと必要な際にすぐ取り出せるので、準備しておくと良いかもしれませんね。

最後に、男女ともにキャップやサンバイザーは着用するようにしましょう。

ゴルフは屋外で直射日光を受けながらするスポーツ。特に夏の熱中症予防や、体力温存のためにもキャップやサンバイザーは常に着用しましょう。

さらにキャップやサンバイザーを着用することで、集中力をUPさせる効果も期待できます。スコアアップにも欠かせないアイテムと言えるのではないでしょうか。

2-3 絶対に避けるべき服装とは?

絶対にダメ!というドレスコードはゴルフ場によっても異なります。

しかし、基本的には下記のようなアイテムはどのゴルフ場でも避けたほうが良いかと思います。

Tシャツ、デニム(ジーンズ)生地の服、露出の多い服、サンダル

いわゆる、カジュアル(ラフ)すぎるアイテムは避けるのがベター。

さらに、ラウンド中にタオルを首にかけながらプレーすることも基本的にはNGです。

スウェット生地も避けたほうが良いですが、最近では多くのゴルフブランドがスウェットライクなゴルフウェアを発売しており、「ゴルフウェアブランドであれば」という寛容なゴルフ場もあります。

3 季節に応じた服装を楽しもう

これまで基本的な服装をご紹介してきました。しかし、ゴルフは野外スポーツであり季節問わずにプレーしますよね。

では具体的に、夏や冬のゴルフってどういった格好がいいのかを詳しくご紹介して行きます。

3-1 男性の場合

3-1-1 春・秋シーズン

まず男性の場合。まず、襟付きポロシャツにロングパンツは基本です。

春・秋シーズンのラウンドは下記の組み合わせがおすすめ。

襟付きポロシャツ+ロングパンツ+薄手のニット(もしくはニットベスト)+薄手のアウタージャケット

この季節は昼間は暖かいことが多いですが、朝晩はかなり冷え込むことが多いです。

春であれば、風が強い日も多いですよね。最近のゴルフウェアの薄手アウターは、防風機能や小雨を弾いてくれる撥水機能など多機能なアウターが多く販売されています。

軽量で持ち運びに便利なポケッタブルサイズに収納できるものもあるので、キャディバッグに入れておくと安心です。

3-1-2 夏シーズン

golf-fashion-03

夏になると一気に気温は上がり、蒸し暑くなりますよね。夏のゴルフウェアはいかに汗を吸い取って、乾かしてくれるかがポイント。

機能インナーウェア+襟付き半袖ポロシャツ+ロングパンツもしくはハーフパンツ

夏のゴルフウェアは綿タイプではなく、吸汗速乾機能のあるポリエステル素材を使ったウェアがおすすめ。

パンツに関しては、基本的にはロングパンツが好ましいですが、最近ではハーフパンツ着用可のゴルフ場も増えてきています。

しかしゴルフ場によっては、ハーフパンツ着用不可であったり、ハーフパンツ着用可だけどハイソックス着用必須のところもあります。

ハーフパンツを履く場合は、念のためハイソックスを準備しておくと安心です。

さらに夏のゴルフは、直射日光による熱中症や日焼けを防ぐためにもインナーウェアの着用がおすすめ。

ポロシャツの下に一枚着るだけで汗の乾き具合が変わりますし、中にはゴルフ専用のスイングサポート機能があるものも。

しかしこれもゴルフ場によっては「下着」とみなされNGの場合もありますので確認が必要です。

3-1-3 冬シーズン

冬ゴルフの服装はいかに暖かく、動きやすいかがポイント。着る枚数も多くなりますが、なるべく「軽く・薄く・暖かい」ゴルフウェアを選びましょう。

機能インナーウェア+長袖襟付きポロシャツもしくはハイネックシャツ+ロングパンツ+アウタージャケット

まずは、夏同様に着ておくと便利な機能インナーウェア。冬用だと発熱や保温などの機能が備わっているため、一枚着ておくだけでより軽く、薄い服装になります。

またラウンドにおいては襟付きのポロシャツが基本であるとご紹介しましたが、ゴルフ場によってはハイネックシャツも襟と見なされることもあります。

首元を保温することは体全体の熱も逃しにくくするため、ハイネックシャツを選ぶのもおすすめです。

アウタージャケットはなるべく軽くてストレッチ性のあるものを選びましょう。

さらに冬のラウンドではイヤーウォーマーやネックウォーマー、ミトンなどのいわゆる防寒小物も準備しておくと少しでも快適にラウンドできるのではないでしょうか。

3-2 女性の場合

3-2-1 春・秋シーズン

季節別のおすすめスタイルは、女性ゴルファーの場合も同様でいかに軽く、動きやすいかが重要です。

また女性ゴルファーの場合は、スカートやキュロットなど選択肢が広がるため、よりファッションを楽しむことができるとこが魅力のひとつ。

柄や色などのバリエーションもたくさんあるので、普段着ないような柄や色を選ぶのもゴルフの醍醐味です。

襟付きポロシャツ+ロングパンツ、スカート+薄手のニット(もしくはニットベスト)+薄手のアウタージャケット

スカートやキュロットの場合、ゴルフ場によってはハイソックスの着用が義務付けられている場合もあるので注意が必要。

いつでも対応できるように常にキャディバッグやゴルフバッグに入れておくと安心です。

また、朝晩が冷え込む春・秋シーズンはレギンスやタイツなどを履くのもおすすめです。

3-2-2 夏シーズン

golf-fashion-04

日焼け対策がとても重要な夏のゴルフ。

日焼けを避けつつも、できるだけ涼しく快適にプレーできるようなゴルフウェア選びをしましょう。

機能インナーウェア+襟付き半袖ポロシャツ、ノースリーブシャツ+ロングパンツもしくはスカート、ショートパンツなど

夏でも汗を気にせず快適にプレーするには機能インナーウェアを着ることをおすすめ。

夏に長袖のインナーは着苦しそうに見えますが、UV機能付きのものであれば素肌でいるよりも快適に過ごすことができます。

また、夏はノースリーブシャツを選んでスポーティなファッションを楽しむゴルファーも多いようです。

そんな時はしっかりと日焼け止めを塗ってUV対策をしましょう。

3-2-3 冬シーズン

冬になると、寒さからかゴルフをお休みするゴルファーも多いのでは?

しかし、冬でもしっかりと寒さ対策をすれば暖かくゴルフを楽しむことができます。

機能インナーウェア+長袖襟付きポロシャツもしくはハイネックシャツ+ロングパンツ+アウタージャケット

冬のゴルフでは体を冷やすを少しでも避けるために、防寒機能のついてロングパンツがおすすめ。

もちろん冬用のスカートを履く方も多くいらっしゃいますが、その際にはしっかりとタイツやレッグウォーマーなど足首を冷やさないよう気をつけましょう。

手首、足首など関節部分の防寒をしっかりと行うことで、体の熱を保つだけでなく怪我を防ぐことにもつながります。

まとめ

今回は初心者ゴルファー向けに、ゴルフデビューでの服装に関してご紹介しました。

ゴルフにおけるドレスコードはゴルフの公式ルールではなく、それぞれのゴルフ場で定められたものです。

最近ではドレスコードに関してもカジュアルになっているゴルフ場が増えてきています。

しかし、そのゴルフ場の伝統と文化を守るためにも、事前にドレスコードをしっかりと確認しておくと安心です。

考えが古いな〜なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、伝統と歴史あるファッションを楽しむのもゴルフの醍醐味の一つでなないでしょうか。

関連記事