ゴルフのダウンブロースイングの打ち方と練習法

ゴルフを始める際、まずはアイアンを極めることがとても重要であるとよく言われます。

そんなゴルフの基本であるアイアンを上達させる上で欠かせないのが「ダウンブロー」。

ゴルフ初心者の方はなかなか聞き馴染みのない言葉であるかと思いますが、今回ご紹介する本記事を参考に「ダウンブロー」で打てるようになれば、もっともっとスコアアップを目指せるでしょう。

では早速見ていきましょう!

1 ダウンブロースイングとは?

golf-downblow-01

ダウンブロースイングとは、簡単に言うとスイングの仕方。

クラブを振ったときに、スイング軌道が最下点に達する前に、ヘッドがまだ下降を続けている状態でボールを捉えるような打ち方をダウンブロースイングと言います。

ドライバーではティーアップすることが当然ですが、アイアンは基本的に地面にあるボールを直接打ちますよね。

初心者は特に、アイアンショットの際にボールを上げようと思うあまり、ボールをすくい上げるようなスイングになってしまい、結果的にトップやダフりなどのミスショットの原因となってしまいます。

しかしこのダウンブロースイングでスイングすることができれば、よりスコアアップを目指せるのです。

2 ダウンブロースイングのメリット

2-1 飛距離が伸びる

ダウンブローでスイングするメリットとしてあげられるのは、何と言っても飛距離アップが目指せるという点。

ダウンブロースイングは、初心者がやりがちなすくい打ちに比べてしっかりとロフトが立った状態でボールを捉えることができます。

ロフトとは、シャフトの垂線とクラブヘッドのフェース面が為す角度のこと。

このロフト角が小さいほど、しっかりとボールを捉えたときに遠くへ飛んでくれます。

ダウンブローによって立ったロフト角は、番手が1つ上のクラブと同等のロフト角となるため、通常のスイングよりも遠くへ飛ばせる可能性が高くなるのです。

それに加えて、バックスピンがしっかりとかかってくれるので、これらがあいまって飛距離アップにつながります。

2-2 狙った場所にボールを運びやすくなる

ダウンブローで打った打球は、バックスピンがかかりやすくなります。

バックスピンはボールが飛んでいく方向とは逆の向きに回転がかかっているものであるため、お互いのエネルギーを相殺してボールが落ちたときに止まりやすくなります。

逆にバックスピンがあまりかからない状態でボールが飛んでいくと、ボールが地面に着地した後も勢いが止まらずにそのまま転がっていくような打球になります。

特に近くにバンカーや池がある場合は、狙った場所にしっかりとボールを運んで止まらせたいですよね。

転がりすぎて池ポチャ…なんてミスを防ぐためにも、ダウンブロースイングを身につけることをおすすめします。

2-3 カッコいいスイングが身につく

ダウンブローでスイングすると、綺麗にターフが取れるようになります。

ターフとは芝生のことで、スイングしたときにどうターフが綺麗に取れるかが、カッコいいスイングの指標でもあると言われています。

スイングの見た目も綺麗でかっこよく、さらには打感もよく気持ち良いショットが打てるため、誰もが憧れるプロのようなスイングを手に入れることができるのです。

3 ダウンブロースイングを身につけよう!

プロのようなショットができるダウンブロースイング。

では一体どうしたらこのスイングを身につけることができるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

3-1 ハンドファーストで構える

golf-downblow-00

まずダウンブローのスイングで一番重要であるのが、アドレスの取り方です。

スイングの基本はアドレスから、と言われるようにダウンブローを身につける上でも同じく重要なポイントとなります。

アドレスを取る際に下記に注意しながら実際構えてみましょう。

  • 体重は左右均等、重心は土踏まずあたり
  • ボールの位置は真ん中くらい
  • グリップの位置はボールの位置よりも前(ターゲット方向)にある(ハンドファースト

ここで一番重要なのが、3つめの「ハンドファースト」です。

ダウンブロースイングでは、上からしっかりと打ち込むことが重要。

ハンドファーストの構えがポイントとなり、それを崩さないことがダウンブロースイングに繋がるのです。

ハンドファーストのグリップの位置がわからない方は、大体左太ももの内側にグリップ(両手)がくるようなイメージでセットすることを意識してみるとわかりやすいかもしれません。

3-2 トップ時の手首の角度をキープする

アドレスがしっかりと作れたら、次のポイントはトップの位置で作った手首の角度(コック)をキープすること。

トップでつくった手首の角度のままダウンスイングに入ると、ハンドファーストを維持したままインパクトを迎えることができるため、綺麗なダウンブロースイングになるのです。

さらにダウンスイングで気をつけたいのが、上半身の動き。

特に初心者ゴルファーは、遠くへ飛ばそうとしてダウンスイングの際に上半身が大きく動きがちです。

そうするとダフリやトップの原因となります。

ミスショットを防ぎ、トップからのダウンスイングの流れを綺麗に行えるよう、上半身もトップの時の位置をキープし、左腰をターゲット方向にグッと突き出すようなイメージで動かしましょう。

3-3 左手のみでスイングしてみよう

ダウンブロースイングを身につける練習としておすすめなのが、片手でスイングする方法。

まず左手一本でアイアンを持ち、アドレスからトップの位置を作ります。

このときに、親指でクラブの重さをほとんど感じない位置(手首の角度)が理想的なトップです。

その位置にクラブが上がれば、手首の角度をキープしながら素直にダウンスイングに入りやすくなり、きれいなダウンブロースイングになります。

この練習は自宅でもできますし、鏡を見ながら確認したり、携帯で写真をとってもらって確認するのも良いかもしれません。

慣れてきたら、実際に軽くボールを打ってみるのも良いでしょう。

ちなみにこのトップを作る練習法は、アイアンだけでなくドライバーでも同じく活用できます。

まとめ

今回はゴルフのアイアンでの理想的なスイングである、ダウンブロースイングに関してご紹介しました。

ゴルフを始めたばかりでスイングが安定していない方や、ミスショットばかりでスイングに自信がない方も、まずはしっかりと自分のアドレスを確認した上で、是非ともダウンブロースイングを身につけてみてください。

この打ち方ができれば、筋力に自信がない方もしっかりと飛距離を伸ばせるはずです。

さらにはプロのようなかっこいいショットが生まれるかもしれません!

関連記事