ドライバーとアイアンのスイングの違いはある?

ドライバーとアイアン、どちらもラウンドには欠かせないクラブですよね。

ドライバーはいかに遠くに飛ばせるか、アイアンは2打目以降いかにコントロールを効かせてコースを攻められるかが重要なクラブです。

今回は、そんなドライバーとアイアンでは打ち方や構え方に違いはあるのか分りやすくご紹介します。

1 ドライバーとアイアンでは打ち方は異なる?

driver-iron-01

おそらく初心者ゴルファーの方は、ドライバーとアイアンの打ち方の違いについて悩むことが多いのでないでしょうか。

結論から言うと打ち方の違いはあるものの、同じ打ち方で良い部分と打ち方を変えるべき部分があるんです。

まず、ドライバーでもアイアンでも基本的なスイングは一緒。

初心者が「ドライバーで練習せずに7番アイアンだけで練習しておけばどうにかなる!」と言われるように、基本的なスイングの仕方は一緒なのです。

しかし、同じスイングでも「打ち方」が異なるのです。

スイングは変えずとも打ち方を変えることでドライバーとアイアンがそれぞれ打ちやすくなり、ミスショットなどを軽減してくれる可能性があります。

では具体的にどう異なるのか、詳しく見ていきましょう。

2 ドライバーの打ち方

2-1 アドレスの取り方

driver-iron-02

まずはドライバーでのショット時の構え方から見ていきましょう。

アイアンと比べて異なる点はボールの位置、ティーアップの高さ、スタンスの取り方です。

ドライバーを構える際は下記を意識して構えるようにしましょう。

  1. ボールは中央よりも左寄りにセット(左足かかとの延長線上あたり)
  2. ティーアップでボールを高めにセット。ティーの高さはクラブヘッドの頂部の位置にボールの赤道があるくらい
  3. スタンスは肩幅もしくは肩幅より少し広めにとる

ドライバーでのショットは基本的にティーアップをします。

ティーアップをすることでインパクト時にクラブと地面の摩擦が起きずに済むので、ヘッドスピードが下がらずバックスピンも最低限で打つことができ、結果として飛距離を狙えるのです。

さらにドライバーは一番長尺なクラブですので、スイング時の体のバランスを取るためにもスタンスは広めに取るようにしょう。

2-2 レベルスイング

前述した通り、ドライバーショットはティーアップをして打つのが一般的です。

ティーアップをすると当然ボールの位置は地面よりも高くなりますよね。

さらにドライバーは長尺のため、それに合わせてアドレスの位置はボールから遠くなります。

このボールに合わせて平行ぎみに振るのがドライバーでのスイング。このスイング方法を「レベルスイング」と言うんです。

イメージとしては、クラブを水平気味の軌道を意識して振ってみると良いでしょう。

3 アイアンの打ち方

3-1 アドレスの取り方

driver-iron-03

続いてはアイアンでのアドレスの取り方。

アイアンはドライバーと比べてヘッドも小さくシャフトも短かいため、それに合わせてアドレスを取るようにします。

下記を見ていただくと、ドライバーの時よりもコンパクトなアドレスが理想的であると分かっていただけるのではないでしょうか。

  1. ボールは中央、もしくは若干左寄り
  2. ティーショットの場合は低めにティーアップ
  3. スタンスは狭め

後ほど詳しくご説明しますが、ウェッジや9番アイアンなどでのショットはややダウンブロー気味で打つことが多いため、ドライバーの時よりも若干右寄り(中央)にボールをセットします。

ちなみにロングアイアンやミドルアイアンでのショットでは、中央からボール1個半ほど左にセットするのがおすすめ。

さらにアイアンの芯の位置はフェースの中央から下部にかけてある場合が多いため、それに合わせてティーアップする際にはショートティで地面から1cm程度上がっていれば大丈夫なんです。

スタンスはドライバーよりも狭めに構えましょう。

ロングアイアンであれば若干広めに構え、アイアンが短くなるにつれスタンス幅も狭まります。

3-2 ダウンブロースイング

ドライバーと違ってアイアンでのショットは、地面に置いてあるボールを打つ場面が多いですよね。

この”地面に向かってクラブで打ち込むこと”を「ダウンブロースイング」と言います。

ドライバーのレベルスイングは水平気味に振りますが、このダウンブロースイングはクラブを縦に振るイメージ。

スイングの最下点の手前でボールがヘッドにあたってボールを捉えるスイングなので、ボールの手前の芝がえぐれることがあります。

このえぐれた芝は「ターフ」と呼ばれ、どのくらいターフが取れたかでダウンブローができていたかが決まると言われています。

まとめ

今回はドライバーとアイアンの違いについてご紹介しました。

ドライバーは水平に近いレベルスイング、アイアンは縦に近いダウンブロースイング。これだけでも大きい違いがお分りいただけたのではないでしょうか?

現在どちらも同じ打ち方をしている方は、是非とも今回ご紹介した内容を少しでも意識して打って見てください。

大幅に変えることはせずとも、構え方を少しでも変えるだけで理想的なショットが生まれるかもしれません。

関連記事