早朝からゴルフを楽しめるアーリーバードのメリットとは?

早朝の特別スタート枠であるアーリーバード。

たくさんのメリットがあり人気の高いアーリーバードですが、同時に気をつけなくてはいけないことも…

今回は魅力的なプレースタイルであるアーリーバードについてご紹介していきます。

1 アーリーバード(早朝スルー)とは

about-earlybird-01

別名「早朝スルー」とも呼ばれるアーリーバード。

その名の通り早朝から行うゴルフのことを指します。

本来アーリーバードとはearly birdは英語の慣用句。「早起きの人」「早く到着する人」「早朝の」などという意味を持ちます。

基本的にはアーリーバードのスタート時間は午前5時前後と早めです。ハーフで休憩を挟まないスループレーという場合がほとんど。

昼前にはホールアウトできるため、午後から仕事や別の予定のプランを立てることも可能なのも魅力的。

また、実はアーリーバードは海外では一般的に浸透しているプレースタイルなんです。プロの試合も早朝からスタートすることも多くあります。

2 アーリーバードのメリット

about-earlybird-03

「早起きは三文の徳」という言葉があるように、ゴルフでも当然ながら早くからプレーを開始することのメリットがあります。

ご紹介する多くのメリットが、アーリーバードが人気な理由と言えるでしょう。

2-1 時間の有効活用

なんといっても早い時間に終わるため、プレー後の時間を有意義に使える点が大きなメリットと言えます。

少し遠いゴルフ場まで足を伸ばして周りを観光して帰るもよし、ゴルフの練習に勤しむもよし。

午後からの時間を有意義に使い、満足感ある1日を楽しめるのが魅力ですね。

2-2 リーズナブルな料金設定

通常プレーよりも早い時間帯にスタートするのでリーズナブルな料金設定になっていることも。

料金設定が低いことで気軽に利用できるため、スキルアップにも充分に活用できます。

2-3 組数を気にせずプレーができる

ゴルフは前の組に遅れないようにしなければならなかったり、さらに後ろの組からプレッシャーを感じてしまったりすることも…

このことがラウンドのストレスになってしまった経験はありませんか?

ですがアーリーバードは比較的組数も少ないため、前後の組をあまり気にせずプレーできることも大きなメリット。そのため初心者の方にも安心です。

2-4 暑い時間を避けてプレーができる

特に蒸し暑い日本の夏。気温がまだ最高潮に達していない早朝からスタートすれば快適にゴルフを楽しむこともできます。

当然ながら熱中症などの対策にもなるため、夏場は特に活用したいところです。

2-5 紫外線ケアにも

夏は特に紫外線が多い季節。アーリーバードでは特に最も紫外線量が多いと言われる午前10~午後2時の時間帯を避けてプレーすることも魅力的。

汗で日焼け止めが流れてしまうというリスクも通常プレーに比べて低いため、女性にもおすすめです。

3 アーリーバードの1日の流れ

アーリーバードの1日の流れは大まかにこのようになっています。

  • AM4:00出発
  • AM4:50ゴルフ場到着
  • AM5:15ラウンドスタート
  • AM9:30ラウンド終了
  • AM10:40ゴルフ場出発
  • AM11:40帰着

ゴルフ場によって時間の前後はあれど、基本的にはお昼前にはプレーが終わるものと考えて差し支えありません。

4 アーリーバードの注意点

about-earlybird-04

メリットがたくさんあるアーリバードですが、気をつけておかなくてはならない点も。

ここからはアーリーバードの注意点についてご紹介していきます。

4-1 ルールや使用可能な施設や利用時間など、ゴルフ場への事前確認を行う

ゴルフ場によって多少ルールが異なることや、ラウンド時間が変動することも。

マナーを守って気持ちよくゴルフを楽しむためにも、ゴルフ場で規定されているルールについてはしっかりと認識してからプレーするようにしましょう。

4-2 クラブハウスがオープンしていないことも

早朝なためクラブハウスがオープンしていないこともしばしば。

そのためロッカールームやレストランが使えなかったり、場合によってはプレー後にお風呂を使えないなんてことも…

実際に利用する際には施設の利用時間なども確認していきましょう。

4-3 着替えなどは事前に行なっておくとスムーズに

前述のようにアーリーバードではクラブハウスがまだオープンしていないため、着替える場所がない可能性があります。

あらかじめゴルフウェアを着用し、ゴルフシューズも車で履き替えることも想定しておきましょう。

ゴルフ場にもよりますが、基本的にはキャディーさんはまだ出勤していません。そのためキャディバッグの移動、カートへの積み込みも自分たちで行う場合もあります。

4-4 コースの整備不良を念頭に入れておこう

グリーンの状態やバンカーの状態が前日のままというケースも。

早朝なためにコースが充分整備されておらず、少なからずプレーに影響が出てしまう可能性も考えられます。

「アーリーバードのゴルフ場のコンディション=そのゴルフ場の本来のコンディション」ではないことを理解しておきましょう。

4-5 途中休憩がないため事前準備をしておこう

基本的にはアーリーバードは基本的にスループレー。そのため途中休憩がありません。

必要な場合は、コンビニ等でドリンクや軽食を買ってからゴルフを行うようにしてください。

4-6 精算に関しては事前にゴルフ場に確認を

精算機を利用した後払いのゴルフ場もありますが、基本的にラウンド料金は前払いと考えてください。

また、精算を無人機で行うことがあり、カードを使えないことも。

事前にゴルフ場に確認し、万が一のためにも現金を持って行くようにしましょう。

まとめ

アーリーバードは初心者から上級者まで楽しめるプレースタイル。

リーズナブルで時間効率も良く、サクッと楽しみたい方にも上昇志向の方にもおすすめです。

ですが早い時間からのプレーなため、注意すべき点をしっかりおさえてアーリーバードを楽しんでくださいね。

関連記事